自分でトイレ修理をしよう!素人でもできる簡単な対処法

水漏れ修理をする際には、様々な道具を揃えなければなりません。スムーズに修理を行なうためにも、必要な道具を確認しておきましょう。

自分でトイレ水漏れを修理する~前準備編~

トイレの水漏れに関する知識を持っていれば、自分で応急処置をすることが可能です。しかし潔癖症の場合、トイレの設備はなるべく触りたくないと思うものです。ここでは潔癖症の人にもできる水漏れ修理法を紹介します。

【STEPⅠ】まずは道具を用意!

水漏れ修理には、様々な道具を使用します。こちらで必要な道具を確認して、揃えるようにしましょう。

  • 手袋・・・汚水で手を汚さないために使用
  • マスク・・・汚水で顔が汚れるのを防ぐために使用
  • 鼻栓・・・悪臭を防ぐために使用
  • ラバーカップ・・・水漏れの原因になっているつまりを取り除くために使用
  • 新聞・・・床を養生するために使用
  • バケツ・・・余分な水を入れたり、水を流したりする時に使用
  • ドライバー・・・止水栓を開閉する時に使用
  • レンチ・・・ナットを緩めるために使用
  • 交換用パーツ・・・劣化しているパーツを交換するために使用

服装にも気をつけましょう

水漏れ修理は、自分にかかる可能性があるので、修理中の服装にも気をつけるべきです。防水性が高い服装なら、汚水で汚れても楽に掃除を行なうことができます。不要になった服を使用すれば、使った後に捨てることができるので安心です。

【STEPⅡ】水漏れの原因を特定しよう

住宅では水漏れトラブルが多いですが、特にトイレは使用回数が多いため水漏れトラブルが発生してしまう可能性が高いです。ここではトイレで発生する水漏れトラブルの原因や個人でできる応急処置をご紹介します。

トイレの水漏れはこれらが原因の可能性が高い

  • トイレタンク
  • 給水・排水パイプ
  • ウォシュレット
  • 便器本体の破損
便器

♯トイレの水漏れ箇所のイメージ#

トイレの水漏れトラブルのほとんどは、経年劣化による不具合で発生しています。タンクや便器などのジョイント部分が劣化すると、そこから水漏れが発生してしまう可能性が高いです。ナットやネジが緩んだりするだけでも水漏れトラブルは発生するので、トイレを使用する際は注意しましょう。特にトイレタンクの不調が原因で発生するトラブルはとても多いため、トイレタンクの取り扱いには気を付ける必要があります。

【STEPⅢ】実際に被害状況を確認

水漏れ修理を行なう前に、まずはどのような被害状況なのか確認しましょう。

トイレの水漏れ状況確認の流れ

ともかくまずは止水栓を閉める

トイレの中には水の排出を管理している止水栓が設置してあり、自由に水の排出を調整することが可能です。この止水栓を閉めておけば、どの場所から水漏れが発生してもそれ以上被害が悪化することはありません。しかし、止水栓を閉める際は回した回数を数えておき、修理が完了した後は同じ状態に水量調整を行なう必要があります。きちんと止水栓を元の状態へと戻しておかないと、修理が完了した後にまた水漏れが発生してしまう場合があります。

次にトイレの水漏れ状況を確認

トイレの水が止まらない場合はタンクを開け、中の状態を確認してみましょう。止水栓を閉めてみても水が止まらない場合は、オーバーフロー菅に何らかのトラブルが発生している可能性が高いです。その際はオーバーフロー部分や排水弁をチェックしてみましょう。そして、亀裂などが発生していた場合は新品へと交換を行ないます。止水栓を止めてみて水が止まった場合は、浮き球や排水弁を調べて破損などが発生していないか調査してみてから、部品を交換するのが最適です。

タンク

【LEVEL★☆☆】 簡単にできる水漏れ修理~排水管部の修理~

排水管部からの水漏れは、それほど重症ではないため、自分で水漏れ修理することが可能です。

排水管部から水漏れしている場合の対処法

パッキンの交換
パッキンを交換する際は止水栓を止めて、タンクの中に入っている水を空にしましょう。タンクに水が入った状態でパイプを外してしまうと、タンクの中にある水が全て流れてしまうので注意しましょう。タンクの中にある水を空にしたら、水漏れしている接続部分を工具で外します。ただ、タンクと便器の接続部分で水漏れしている場合は、真ん中の接続部分は外さなくても大丈夫です。どの部分にも洗浄管用パッキンを使用できるので、水漏れしている箇所のパッキンを交換するだけで良いです。パッキンの交換ができたら、ナットを締め、元通りに戻したら完了です。
融着テープを使った処置
融着テープがあれば、それを使って応急処置を施すことができます。排水管パイプを外すのが難しい場合などに有効的です。水漏れしている箇所の汚れと水気をしっかり拭き取ったら、融着テープを巻きつけます。巻きつける際は、テープ幅が少し細くなる程度に引っ張りながら、先に巻いたテープと半分ぐらい重なるようにするのがポイントです。袋ナットの端は指先で抑えて、隙間ができないようにして巻きます。ナットから2センチ以上巻いたら、融着テープを切って最期に水を流します。そして、水漏れしないことを確認したら完了です。
トイレタンク内のホースをつなぎ直す
トイレタンク内のホースが原因で、水漏れしていることもあります。蛇腹ホースや黒いゴムホースなど、使用されているホースの種類は色々ありますが、外れているだけならつなぎ直すだけで水漏れは治ります。ホースに穴が空いている場合は、新しいホースに交換すると良いでしょう。

この程度の修理なら自分で可能です

簡単に修理できる程度の水漏れなら、修理業者に依頼することなく解決できます。1つ1つの手順を間違えないように、丁寧に対処をするようにしてください。

【LEVEL★★☆】DIYに自信があれば可能~トイレタンク内のパーツ交換~

トイレタンク内のパーツ交換は、少し知識と技術が必要になります。ただ、DIYに自信がある人なら、問題なく行なうことができるでしょう。

ゴムフロートの交換方法

劣化したゴムフロートを取り外す

ゴムフロートはチェーンとオーバーフロー菅に接続されており、この部分にある接続箇所を外せばゴムフロートは取り外すことが可能です。取り外す際はまずレバー部分についているチェーンを取り外し、次にオーバーフロー部分を外します。レバーについているチェーンは溝に引っ掛けられているだけなので、外す際に特殊な工具などを使用する必要はありません。古いゴムフロートをとった後は、新しいゴムフロートを逆の順序で取り付けます。

新しいゴムフロートを取り付ける

ゴムフロートを取り付ける際はまずオーバーフロー菅の清掃を行ない、付着している水垢などをきれいに洗い流します。こうすることでタンク内の状態を清潔に保ち、故障などのトラブルが発生するのを予防することが可能です。清掃後はオーバーフロー部分にゴムフロートを取り付け、その後はチェーンをレバー部分に引っ掛けておきましょう。また、取り付けが完了した後は一度動作を確認してみて、きちんと水が流れるかどうかを調べておく必要があります。

チェーンの長さを決めて完了

チェーンをレバー部分へと接続する場合は、ゴムフロートからレバー部分まで接続されているチェーンの長さを調整する必要があります。チェーンの長さを調整するとトイレに流す水の量を調節することができ、節水を図ることが可能です。チェーンの長さを長くすると節水効果は高まりますが、きちんとトイレが流れなくなる可能性があるので注意しましょう。また自分で交換を行なった場合は、設備の交換目安を把握しておかなければなりません。

ボールタップの交換方法

ボールタップ本体を取り外す

ボールタップを交換する際は内部のボールタップ弁を交換するか、本体自体を交換するかのどちらかを選択する必要があります。本体を交換する場合はボールタップ部分をウォータープライヤーで固定し、レンチを使ってナットの取り外しを行なうのが一般的です。固定を行なわずにナットの取り外しを行なうと、ボールタップも一緒に回ってしまうためナットが外れにくくなります。外したボールタップは使用しないので、廃品として処分しましょう。

新しいボールタップを取り付ける

古いボールタップを外した後は新しいボールタップのパッキンをはめ、タンク内部から穴に差し込みを行なってからナットの取り付けを行ないます。最近は金属製の他に樹脂などで作られたボールタップも登場しており、樹脂製のタイプは手で取り付けを行なうのが可能です。しかし、人によってはきちんと締め付けを行なうことができない場合もあるので、設備の取り付けがゆるいと感じた場合はウォータープライヤーで軽く締めておきましょう。

排水管とジョイントさせて完了

排水管とボールタップを取り付ける際はまずパッキンを取り付け、次に排水管のナットを取り付けてナットの締め付けを行ないます。この時もボールタップ自体はきちんと固定しておき、スムーズにナットが締め付けられるように対処しましょう。ボールタップの取り付けを行なう際にパッキンをはめ忘れてしまうと、その部分から水漏れが発生してしまいます。そのため、取り付けを行なう際は手順をしっかり守るように対処する必要があります。

無理だと判断した場合は潔く修理業者を探そう

修理業者

トイレタンクは複雑な構造をしているため、間違った対策をしてしまうと水漏れの被害が拡大する恐れがあります。少しでも修理に不安を感じる場合は、修理業者を利用したほうが得策です。下記サイトでは水漏れに特化した修理サービスを行なっているサイトを集めています。自分で修理できなさそうだと感じたら、業者探しをして依頼しましょう。

【LEVEL★★★】自分では対処が困難!~プロに依頼した方がいい水漏れ~

トイレの水漏れの症状によっては、自分では対処が難しいこともあります。これから紹介する症状が見られた場合、修理業者に依頼するようにしましょう。

このような症状が見られたら修理業者に要依頼

ウォシュレットから水漏れしている場合
ウォシュレットは、温水が吹き出すノズル部分やボタンの裏側、タンクと給水ソケットの辺りから水漏れをするケースが多いです。ウォシュレットは、細かなパーツで構成されている精密機械です。そのため、単純な水漏れの可能性だけではなく、機械の故障が水漏れの原因となっていることもあるのです。機械の故障が水漏れの原因とわからずに、素人が自力で修理をしたため大きなトラブルに発展したという事例も多く報告されています。ウォシュレットの水漏れは素人判断では危険なので、修理業者に依頼したほうが良いでしょう。
床から水漏れが起きている場合
トイレの床が濡れる状況が原因不明のまま続く時は、非常に危険な状態です。床から水漏れが起きる原因として考えられるのは、接続部分の不具合や給水パイプの破損、タンクや便器に入っているヒビなどがあります。原因を明確にするためには、便器を取り外さなければなりません。専門的な知識と技術がないとできない修理ですし、特殊な部品も必要になります。ですから応急処置だけは自分で行ない、後は修理業者に任せるようにしましょう。

水漏れの症状によって修理コストは異なる

簡単な修理なら部品を購入するだけで良いので、自分で修理したほうが良いでしょう。しかし水漏れの症状がひどく、大掛かりな修理が必要になる場合は、修理業者を利用したほうが安くなります。

TOPボタン